家庭向けツール

家庭向けツール

GUIDE3 | 家計簿をつける

KAKEIBO PRO および KAKEIBO LiGHTには、収支の明細データを入力するための4つのシートがあります。収入の明細データを[収入]シート、日々の支出明細データを[支出]シートに入力していきます。旅行、車、住宅の購入など非日常的な支出は[特別支出]シートに入力します。月間および年間の集計に含めたくないものは[非計上支出]シートに入力します。

当ツールは、文字の入力とボタンのクリック操作で、収入や支出の日々のデータを簡単に入力することができます。エクセルのスキルがなくても、全く問題ありません。このガイドでは、収入と支出のデータ入力について解説していきます。

言語: 日本語 英語

1. 収入明細の入力

このシートでは、収入の明細データを入力していきます。メインメニューの[収支入力]、収支入力グループの[収入]をクリックし、下図のシートにデータを入力してください。

日付 日付を入力します。必須
収入項目 ドロップダウンリストから対象の収入項目を選択します。必須
内容 収入の内容を入力します。
銀行口座 ドロップダウンリストから対象の銀行口座を選択します。
金額 収入金額を入力します。必須
外貨 外貨の場合:外貨の金額を入力します。
レート 外貨の場合:為替レートを入力します。
備考 メモなどを入力します。

収入明細の追加

[追加]ボタンをクリックします。新規データを入力する行が追加されます。

収入明細の削除

[削除]ボタンをクリックします。最終行の収入明細が削除されます。

データの並べ替え

[並替]ボタンをクリックします。1日付 2収入項目をキーとして昇順にソートされます。

フィルター機能

[ON]をクリックすると、フィルター機能が使用できるようになります。[OFF]をクリックすると、フィルター機能が解除されます。

外貨の入力

[+]および[-]をクリックすることにより、外貨入力のカラムを表示・非表示にすることができます。

2. 支出明細の入力

このシートでは、支出の明細データを入力していきます。メインメニューの[収支入力]、収支入力グループの[支出]をクリックし、下図のシートにデータを入力してください。

日付 購入した日付を入力します。必須
支出項目 ドロップダウンリストから対象の支出項目を選択します。必須
内容 購入品などを入力します。
店名 購入した店名または支払先を入力します。
金額 支払金額を入力します。必須
外貨 外貨の場合:外貨の金額を入力します。
レート 外貨の場合:為替レートを入力します。
合算 クレジットカードでの支払いで、一支払いに複数の支出項目がある場合、ドロップダウンリストから「G*」を選択します。クレジット決済照合の際、分割して入力した金額をまとめて処理が行われます。
支払方法 ドロップダウンリストから該当する支払方法を選択します。
支払い 支払方法で[口座引落]を選択した場合は該当する銀行口座、[クレジット]を選択した場合は該当するクレジットカードを、ドロップダウンリストから選択します。[その他]を選択した場合は、Suicaや電子マネーなど、該当する支払いを入力します。
支払日 支払日を入力します。
クレジットカードでの支払いの場合は、カード利用代金の決済日(銀行口座から引き落としされる日)を入力します。
備考 メモなどを入力します。

支出明細の追加

[追加]ボタンをクリックします。新規データを入力する行が追加されます。

支出明細の削除

[削除]ボタンをクリックします。最終行の支出明細が削除されます。

データの並べ替え

[並替]ボタンをクリックします。1 日付 2 店名 3 合算 4 支出項目をキーとして、昇順にソートされます。

フィルター機能

[ON]をクリックすると、フィルター機能が使用できるようになります。[OFF]をクリックすると、フィルター機能が解除されます。

外貨の入力

[+]および[-]をクリックすることにより、外貨入力のカラムを表示・非表示にすることができます。

3. 特別支出の入力

このシートでは、旅行、住宅や車の購入などの非日常的な支出を入力していきます。
メインメニューの[収支入力]、収支入力グループの[特別支出]をクリックし、下図のシートにデータを入力してください。

日付 購入した日付を入力します。必須
内容 購入品などを入力します。
店名 購入した店名または支払先を入力します。
金額 支払金額を入力します。必須
外貨 外貨の場合:外貨の金額を入力します。
レート 外貨の場合:為替レートを入力します。
合算 クレジットカードでの支払いで、一支払いに複数の支出項目がある場合、ドロップダウンリストから「G*」を選択します。クレジット決済照合の際、分割して入力した金額をまとめて処理が行われます。
支払方法 ドロップダウンリストから該当する支払方法を選択します。
支払い 支払方法で[口座引落]を選択した場合は該当する銀行口座、[クレジット]を選択した場合は該当するクレジットカードを、ドロップダウンリストから選択します。[その他]を選択した場合は、Suicaや電子マネーなど、該当する支払いを入力します。
支払日 支払日を入力します。
クレジットカードでの支払いの場合は、カード利用代金の決済日(銀行口座から引き落としされる日)を入力します。
備考 メモなどを入力します。

支出明細の追加

[追加]ボタンをクリックします。新規データを入力する行が追加されます。

支出明細の削除

[削除]ボタンをクリックします。最終行の支出明細が削除されます。

データの並べ替え

[並替]ボタンをクリックします。1日付 2店名 3合算をキーとして昇順にソートされます。

フィルター機能

[ON]をクリックすると、フィルター機能が使用できるようになります。[OFF]をクリックすると、フィルター機能が解除されます。

外貨の入力

[+]および[-]をクリックすることにより、外貨入力のカラムを表示・非表示にすることができます。

4. 非計上支出の入力

このシートでは、一時的にお金を立て替えた、他人にお金を貸したなど、記録として残しておきたいが集計には含めたくないものを入力していきます。[非計上支出]シートに入力された明細データは、月間・年間の集計には含まれません。
メインメニューの[収支入力]、収支入力グループの[非計上支出]をクリックし、下図のシートにデータを入力してください。

日付 購入した日付を入力します。必須
内容 購入品などを入力します。
店名 購入した店名または支払先を入力します。
金額 支払金額を入力します。必須
外貨 外貨の場合:外貨の金額を入力します。
レート 外貨の場合:為替レートを入力します。
合算 クレジットカードでの支払いで、一支払いに複数の支出項目がある場合、ドロップダウンリストから「G*」を選択します。クレジット決済照合の際、分割して入力した金額をまとめて処理が行われます。
支払方法 ドロップダウンリストから該当する支払方法を選択します。
支払い 支払方法で[口座引落]を選択した場合は該当する銀行口座、[クレジット]を選択した場合は該当するクレジットカードを、ドロップダウンリストから選択します。[その他]を選択した場合は、Suicaや電子マネーなど、該当する支払いを入力します。
支払日 支払日を入力します。
クレジットカードでの支払いの場合は、カード利用代金の決済日(銀行口座から引き落としされる日)を入力します。
備考 メモなどを入力します。

支出明細の追加

[追加]ボタンをクリックします。新規データを入力する行が追加されます。

支出明細の削除

[削除]ボタンをクリックします。最終行の支出明細が削除されます。

データの並べ替え

[並替]ボタンをクリックします。1日付 2店名 3合算をキーとして昇順にソートされます。

フィルター機能

[ON]をクリックすると、フィルター機能が使用できるようになります。[OFF]をクリックすると、フィルター機能が解除されます。

外貨の入力

[+]および[-]をクリックすることにより、外貨入力のカラムを表示・非表示にすることができます。

5. 決まった支出の自動転記

当ツールでは、[決まった支出]シートに入力した定期的な支払データを[支出]シートに自動で転記することができます。この機能を使うと、作業の時短を図ることができるので便利です。支出明細データを転記する手順は、以下のとおりです。

1 メインメニューの[設定]、設定グループの[決まった支出]をクリックします。

2 支出項目、金額、日付などの明細データが対象項目に入力されていることを確認し、[転記]カラムに「 Y 」と入力します。

3 [データ転記]ボタンをクリックします。

4 実行確認のメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。

5 [支出]シートが表示されます。指定した支出項目の明細が転記されていることを確認できます。

データの転記が完了すると、[決まった支出]シートの[転記]カラムに「」と表示されます。

フィルター機能

[ON]をクリックすると、フィルター機能が使用できるようになります。[OFF]をクリックすると、フィルター機能が解除されます。

フィルターをONにし、[月]カラムで当月を指定(「-」と対象月を選択)することにより、当月の決まった支出を抽出することができます。これにより、当月、必ず発生する支出がいくらなのかを容易に把握できます。

また、[転記]カラムで「Y」を選択すると、データ転記対象の項目を抽出することができます。どの項目が自動転記されるのかを確認することができ便利です。データが抽出された状態でデータ転記を実行することも可能です。

関連する記事

家庭向けツール

エクセル家計簿ツール

使いやすい家計簿ツール
エクセルで作成されたこの家計簿は、自分好みにカスタマイズできることが最大の魅力です。自分の好きなカラーに変えたり、季節ごとにカラーを変えたりなど、自由にアレンジが可能です。

最近の記事
  1. エクセルで今日の日付をハイライトする方法

  2. 条件に一致するセルまたは行に色を付ける方法

  3. Excelファイルが保存できない時に試したい3つの解決法

  4. 差し込み印刷で日付を和暦および全角で表示する方法

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「ブログ」にて、4つ以上記事を作成してください。

TOP