エクセルで今日の日付をハイライトする方法

Outlookの予定表、Googleカレンダーなどデジタルカレンダーでは、今日の日付がハイライト表示されています。Excelの「条件付き書式」という機能を使うと、デジタルカレンダーのように今日の日付をハイライト表示することができます。

この記事では、3つのタイプの月間カレンダーに「条件付き書式」機能を使って、本日の日付をハイライト表示する方法をご紹介します。

言語: 日本語 英語

1. 今日の日付をハイライトする手順

月間カレンダーに今日の日付のセルをオレンジ色、文字を白色でハイライトしてみましょう。手順は、以下のとおりです。

1 条件書式を設定する範囲を選択します。

2 ホームタブをクリックし、スタイルグループの条件付き書式をクリックします。表示された一覧より新しいルールを選択します。

3 新しい書式ルールダイアログボックスが表示されます。

4 ルールの種類で「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

5 ルールの内容に数式を入力します。

6 書式ボタンをクリックします。

7 セルの書式設定ダイアログボックスが表示されます。

8 塗りつぶしタブをクリックしてオレンジ色、フォントタブをクリックして白色を選択してOKボタンをクリックします。

9 新しい書式ルールダイアログボックスのOKボタンをクリックします。

10 今日の日付がハイライト表示されます。

2. 日付をハイライトするための数式

今日の日付をハイライトするには、数式を使用してセルの設定を行います。数式を使用する際、相対参照と絶対参照があります。

相対参照」は、セルの位置を相対的に参照する形式です。数式をコピーすると、セルの参照は自動的に調整されます。「絶対参照」は、特定の位置にあるセルを必ず参照する形式です。数式をコピーしても、セルの参照は固定されたままで調整されません。セルを絶対参照するには「$」を付けます。

絶対参照列と
絶対参照行
$A$1 数式をコピーしても、行と列は固定されたままで調整されません。
絶対参照列と
相対参照行
$A1 数式をコピーすると、列は固定されますが、行は調整されます。
相対参照列と
絶対参照行
A$1 数式をコピーすると、行は固定されますが、列は調整されます。
相対参照列と
相対参照行
A1 数式をコピーすると、列と行が調整されます。

絶対参照および相対参照を使って、3つのタイプの月間カレンダーに、今日の日付をハイライト表示してみましょう。カレンダーには日付が入力されており、セルの書式設定により「日」のみを表示するよう設定しています。(日付の書式設定:d)

3. 1セルを1日としたカレンダー

以下のように、1つのセルに日付が入力されている月間カレンダーに、今日の日付をハイライトする方法を説明します。

「1.今日の日付をハイライトする手順」に従い、条件書式の設定を行います。条件書式を設定する範囲 1とルールの数式 5は、以下のようになります。

条件書式を設定する範囲 ルールの数式
セルA2:G6 =A2=TODAY()

ルールに入力した数式は相対参照のため、A2が調整され、セルA2:C4には以下のようなルールが設定されることになります。

4. 2行1列の範囲を1日としたカレンダー

2行1列の範囲を1日とした月間カレンダーの場合、「1.今日の日付をハイライトする手順」を週単位で行い、5週間分を設定していきます。

条件書式を設定する範囲 1とルールの数式 5は、以下のようになります。

条件書式を設定する範囲 ルールの数式
1週目 セルA2:G3 =A$2=TODAY()
2週目 セルA4:G5 =A$4=TODAY()
3週目 セルA6:G7 =A$6=TODAY()
4週目 セルA8:G9 =A$8=TODAY()
5週目 セルA10:G11 =A$10=TODAY()

1週目のルールに入力した数式「A$2」のように行を絶対参照としているため、セルA3のルールは「A3=TODAY()」とはならず、2行目が固定されるため「A2=TODAY()」となります。セルA2:C7には以下のようなルールが設定されることになります。

5. 2行2列の範囲を1日としたカレンダー

2行2列の範囲を1日とした月間カレンダーの場合、「1.今日の日付をハイライトする手順」を日単位で行い、1ヶ月分の日数を設定していきます。以下のカレンダーの場合、35日分を設定することになります。

条件書式を設定する範囲 1とルールの数式 5は、以下のようになります。

条件書式を設定する範囲 ルールの数式
1/30 セルA2:B3 =$A$2=TODAY()
1/31 セルC2:D3 =$C$2=TODAY()
2/1 セルE2:F3 =$E$2=TODAY()
2/2 セルG2:H3 =$G$2=TODAY()
2/3 セルI2:J3 =$I$2=TODAY()
2/4 セルK2:L3 =$K$2=TODAY()
2/5 セルM2:N3 =$M$2=TODAY()

1/30のルールに入力した数式「$A$2」のように行列を絶対参照としているため、セルA2は固定され、セルA3、B2、B3のルールは「A2=TODAY()」となります。セルA2:F7には以下のようなルールが設定されることになります。

6. 絶対参照を含むカレンダーを別シートにコピーした場合

絶対参照を指定しているカレンダーをコピーし、別の位置や他のシートに貼り付けると、日付のハイライトがうまくいかなくなります。例えば、セルA1:N11をコピーして、他のシートのセルB2に貼り付けた場合、貼り付け先のセルB3:C4のルールの数式は「=$A$2=TODAY()」なので、セルA2の値を参照していることになります。

複数の行列を1日としたカレンダーにハイライトの設定を行うとなると、なかなか手間がかかるものです。OLIVENNEでは、本日の日付をハイライト表示される月間カレンダーをご用意しております。カレンダーをコピーし、他のシートに貼り付けてお使いいただくことが可能です。

商品は、ネットショップBASE にてご覧いただけます。

関連する記事

グラフで家計分析!

・最大4項目の推移を棒グラフと折れ線グラフで確認できます。

・1項目の推移を、最大4つの異なる年で比較することもできます。

詳細はこちらをご覧下さい。

最近の記事
  1. エクセルで今日の日付をハイライトする方法

  2. 条件に一致するセルまたは行に色を付ける方法

  3. Excelファイルが保存できない時に試したい3つの解決法

  4. 差し込み印刷で日付を和暦および全角で表示する方法

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「ブログ」にて、4つ以上記事を作成してください。

TOP